攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

秋華賞レース展開 これで勝利の道を掴む。

秋華賞攻略

 

京都大賞典毎日王冠も結局展開は毎年変わらない。

レース展開を予想して、本命馬はどこにポディションをとるかを予想した方が的中する。

過去5年のレース展開をおって見てみる。

この年の力関係も載せたのでまたわかりやすくなった。

秋華賞プレイバック

 

 

2018年

3冠馬アーモンドアイの誕生。

圧倒的1番人気でした。

オークス2着のリリーノーブルの回避で人気が偏りました。

ローズステークスの勝ち馬カンタービレが頭角を現してきました。

f:id:ogusankako:20191006222127p:plain

f:id:ogusankako:20191006222142p:plain

f:id:ogusankako:20191006222205p:plain

f:id:ogusankako:20191006222209p:plain

 

この年は圧倒的な馬がいたせいで特殊なレースになってしまいました。

ミッキーチャームのレースは完全に勝ち競馬。

見ての通り、ミッキーチャームからアーモンドアイまでは9馬身くらいかな?

アーモンドアイじゃなかったら届かないですね。

3着のカンタービレぐらいになるんですが歴史的な馬は別格ですね。

2.3番手の馬は16.17着なので先行勢には厳しいレースでした。

カンタービレ武豊はアーモンドアイについていく競馬をしての3着でした。

 

1着 アーモンドアイ 11−11−11−12 33.6(1)

2着 ミッキーチャーム 1−1−1−1    35.2(5) 

3着 カンタービレ  11−12−13−12 33.9(3)

 

 

 

 

17年

2歳王者にソウルスターリング

2強対決でリスグラシューは2着。

桜花賞は1倍台のソウルスターリングレーヌミノルが倒す。

くしくも2歳G1と1.2.3着が真逆の決着。

オークスソウルスターリングの雪辱が叶う。

オークス2着のモズカッチャン。

秋華賞では

ソウルスターリング回避

桜花賞レーヌミノル

NHKマイル。古馬混合クイーンS勝ち馬アエロリット

皐月賞1番人気ファンディーナ

紫苑勝ち馬ディアドラ

ローズSラビットラン

オークス2着のモズカッチャン

18年と違い混戦必死

f:id:ogusankako:20191006224015p:plain

f:id:ogusankako:20191006224021p:plain

f:id:ogusankako:20191006224051p:plain

f:id:ogusankako:20191006224058p:plain

 

18年とは傾向が全然違いますね。

やはり馬場が悪いとこんな展開になるのかな?

この当時はキレキレのディアドラでしたけど道悪でも勝てるってことは今のヨーロッパ遠征で結果を出しているんでしょうね。

 

1着 ディアドラ  14−15−13−9 35.7(3) 

2着 リスグラシュー 12−11−9−6 36.2(4)

3着 モズカッチャン  5−5−4ー2  36.6(5)

 

 

 

16年

 2歳G1はメジャーエンブレンが制覇

桜花賞ではジュエラー、シンハライトと入れた3強対決で1倍台のメジャーエンブレムだけ大敗。

ジュエラーが鼻差シンハライトを退け制覇。

桜花賞はその2強が揃って回避したためシンハライトが圧倒的1番人気にこたえ勝利。

ローズSを快勝したのち引退。

秋華賞はローズを走り復調にジュエラーに

紫苑組のビッシュヴィブロス

と上がり馬主体のメンバーになる。

 

f:id:ogusankako:20191007164131p:plain

f:id:ogusankako:20191007164134p:plain

f:id:ogusankako:20191007164139p:plain

f:id:ogusankako:20191007164142p:plain

f:id:ogusankako:20191007164147p:plain

中団に構えていたヴィブロスが強烈な末脚で制覇。

見られる形になったパールコードは2着。

後日談で祐一は川田を見ていたと言っていた。

3着は早めに動いた横山カイザーバル。

4着に能力を見せたジュエラー

 

1着 ヴィブロス  9−9−8ー8  33.4(3)

2着 パールコード 7−5−7ー6  33.8(4)

3着 カイザーバル 7−5−5ー3  34.1(8)

 

 

2015年

2歳王者にはショウナンアデラ

チューリップ賞ではココロノアイ

桜花賞は逃走劇でレッツゴードンキ

1番人気ルージュバックは大敗した。

オークスは新星はミッキークイン。大敗からの巻き返しルージュバック

秋華賞

ミッキークインがローズSタッチングスピーチに負けたことで少し不安な感じで幕を上げた。

f:id:ogusankako:20191007165655p:plain

f:id:ogusankako:20191007165659p:plain

f:id:ogusankako:20191007165705p:plain

f:id:ogusankako:20191007165714p:plain

f:id:ogusankako:20191007165720p:plain

 

 

1着 ミッキークイン  8−8−8ー6     34.6(1)

2着 クイーンズリング 12−13−14−14   34.1(5)

3着 マキシマムドパリ 5−6−5ー3     35.0(8)

 

 

 

 

2014年

2歳王者はレッドリヴェールだったが2着ハープスターの強さが際立った。

桜花賞ハープスターが大外一気で制覇。

2着にはレッドリヴェール、3着はヌーヴォレコルト

オークスヌーヴォレコルトハープスターを退け制覇。

ハープスター中心になっていた牝馬戦線だったが凱旋門遠征で混沌とした。

実績馬レッドリヴェールヌーヴォレコルト

紫苑組のショウナンパンドラ、レーヴデトワール

f:id:ogusankako:20191007171116p:plain

f:id:ogusankako:20191007171124p:plain

f:id:ogusankako:20191007171130p:plain

f:id:ogusankako:20191007171139p:plain

f:id:ogusankako:20191007171147p:plain




1着 ショウナンパンドラ 9ー9−9−5  34.3(3)

2着 ヌーボレコルト 11−11−11−10 34.0(1)

3着 タガノエトワール 10−10−10−8 34.4(4)

 

 

 

秋華賞は京都には珍しく後ろからでも届くレース。

これは京都2000m内回りということが影響している。

なぜなら直線が短く前のめりになるところを後ろから届くという形。

 

ただ33秒台の脚がバンバン出るわけではないので東京のような末脚特化型では厳しい。

 

直近の秋華賞勝ち馬は

アーモンドアイ。ディアドラ。ヴィブロス

と海外G1を勝つようなタフな馬が生まれている。

 

注目の1戦になる。

今年はどうだろう。

ダノンファンタージーは2歳王者で雪辱を誓う。

コントラチェックはオークスでの1番人気が過剰で今回は平常心でいける。

クロノジェネシスは常に力を出している安定勢力。

レンブーケドールはオークス2着

ピーチサンバ、シゲルピンクダイヤと続く。

 

桜花賞馬グランアレグリア

オークス馬ラヴズオンリーユー

が共に回避しているので全馬雪辱戦になる。

 

 

秋華賞の本命候補は


競馬ランキング