攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

ローズステークス攻略 人気薄でも面白そうなのがいました。

ローズS攻略

f:id:ogusankako:20190911174323p:plain

2018


 

基本情報

 

人気順成績

  1. 2-0-0-3
  2. 1-1-0-3
  3. 0-0-1-4
  4. 0-0-0-5
  5. 1-0-0-4
  6. 0-1-1-3
  7. 0-0-0-5
  8. 1-0-0-4
  9. 0-1-1-3 

 

思ってたのと違いませんか?

人気の凡走率がなかなか高いんですよね。

 

枠順成績

  1. 1-1-1-5
  2. 0-1-1-8
  3. 1-1-2-6
  4. 1-0-0-9
  5. 0-0-0-10
  6. 0-0-0-10
  7. 2-1-0-9
  8. 0-1-1-11

 

上がり順位

  1. 2-2-0-1
  2. 2-0-1-3
  3. 0-1-1-3

 

 

 

では基本的な情報はここまでです。

これからは少し分析していきたいと思います。

まずはノーザンファーム

毎年かなりの有力馬をここに送り込んできます。

過去5年間で25頭もの馬が出走しています。

ノーザンファームの生産馬での人気別成績が一番わかりやすいので。

ノーザンファーム攻略

ノーザンファーム生産馬・人気別成績

  1. 2-0-0-0
  2. 0-1-0-0
  3. 0-0-1-1

4-8   0-0-0-11

     9. 0-1-1-2

   10. 0-0-1-0

11以降 0-0-0-4

 

 

9.10番人気の好走は少し気になりますが・・・・

1.2.3番人気以内じゃないと好走できません。

これは非常に重要です。

 

まずは5頭をピックアップ

13デニムアンドルビー1番人気1着

オークス3着、フローラ1着)

 

14サングレアル3番人気9着

(フローラ1着)

 

16シンハライト1番人気1着

オークス1着、桜花賞2着)

 

17リスグラシュー3番人気3着

オークス5着、桜花賞2着、阪神JF2着)

 

18サラキア2番人気2着

(白百合2着)

 

秋華賞馬ピックアップ

13年メイショウマンボ

14年ショウナンパンドラ

16年ヴィブロス(ノーザン)

17年ディアドラ(ノーザン)

18年アーモンドアイ(ノーザン)

 

 

13年はメイショウマンボの圧勝でした。

14年はハープスターがいない状況。

16年はシンハライトの回避

17年意地でも取りにいった布陣

18年はアーモンドアイの消化試合

 

13年と17年はローズSを取りに来たレースでした。

今年はどうか?

 

 

 

オークスの結果は

1.2.4.5.6.9.10.14.15.16着と圧倒的な数と成績で勝利。

2着が社台ファームのカレンブーケドールだがノーザンファームの層の厚さはわかる。

 

桜花賞も1.3.4.5着を取っているように、ノーザンファームとしては新しい勢力が欲しい状況ではない。

 

今年は想定で

1番人気ダノンファンタジー

2番人気ウィクトーリア

 

がいる状況。

無理して新勢力を欲しがる状況ではない。

 

 

 

 

 

では血統を見ていきましょう。

10倍以下の単勝なのに好走した馬をピックアップ

5年で9頭いました。

その中の3頭の共通点は

ディープインパクト×ヴァイスリージェント

 

ヴァイスリージェント系とは

フレンチデピュティ

クロフネ

などが代表産駒です。

 

今年はディープ×ヴァイスはいませんが

 

クロフネ×サンデーサイレンスがいます。

ビーチサンバ

 

血統的に注目しています。

 

 

 穴馬を探してみましょう。

13年以降での成績

単勝10倍以上の成績

1-4-4-56

 

 

昇級戦

1-3-4-26

(未勝利、500万、1000万などからの参戦)

 

前走1着馬

1-2-1-8

 

前走上がり1−2位

1-2-0-5

 

過去5年で8頭が該当

そのうち

13 シャトーブランシュ 9番人気2着(他1頭)

14 タガノエトワール 15番人気2着(他2頭)

17 ラビットラン    8番人気1着(他1頭)

 

惜しくも

18 ゴージャスランチ 8番人気4着

 

がありました。

複数いた年は好走馬を出しています。

 

では今年は該当馬はいるんでしょうか?

 

  • アルティマガーレ
  • ビックピクチャー
  • ベストクィーン

の3頭が該当しました。

ということは誰かが好走しますね。

 

アルティマレガーロ 

想定7番人気

4戦3勝、2着1回とほぼパーフェクト

負けた500万下はクロウエア。

2戦2勝で未勝利を1発クリアして連勝。

未勝利は次走に2.3着が勝ち上がることからレベルが高かったし、この馬が強すぎたと見るべきだろう。むしろなんでこの馬はその後、未出走かが謎・・・

母がアルティマトゥーレで良血馬。

少し距離は長い気がするが社台ファームから秋華賞に出走して欲しい一頭ではないでしょうか。

 

 

ビックピクチャー

想定10番人気

2-2-2-1と相手なりの戦績

勝ち馬を見ると、

ラヴズオンリーユー、キュールエサクラ、フェアリーポルカ、モアナアネラ、シーリアと名前の通った馬ばかりなので、そこそこ評価はできそう。

着外も4着なので・・・

ディープインパクトで特注血統なので注目が必要。

 

ベストクィーン

想定12番人気

さすがにこれはと思ってます。

前走未勝利は不良馬場だったし、父はスクリーンヒーロー産駒。

強調材料は少ないが、未勝利勝ちからの参戦は0-1-0-0と走った馬はいる。

タガノエトワールだ。

 

 

今回は穴馬が3頭選ばれてしまいました。

確かに昇級組は人気になりにくいんですよね。

既存勢力は重賞組ですからね。

 

 

 

この中で必ず馬券に入れるのはこの馬


競馬ランキング

 

 

1800mの基本情報がここにあり。

www.ogusansuirikeiba.com