攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

ルメール攻略。中山芝は上がりが重要!

中山ルメール成績

16年以降

63-27-31-70

勝率  33%

連対率 47%

複勝率 63%

単勝回 87%

複勝回 90%

 

枠順

  1. 2-1-4-7
  2. 7-8-3-7
  3. 3-0-4-12
  4. 6-4-4-9
  5. 9-3-3-7
  6. 12-4-8-14
  7. 12-3-2-7
  8. 12-4-3-7

 

人気

  1. 46-17-19-29
  2. 12-7-5-15
  3. 1-1-2-14
  4. 3-1-0-5
  5. 1-0-5-3
  6. 0-0-0-2
  7. 0-0-0-2
  8. 0-1-0-0

 

上がり順位

  1. 32-6-8-9
  2. 14-6-5-2
  3. 6-6-4-4

3-5    7-7-7-23

6以下  2-2-7-31

 

 

 

では消し条件を探していきましょう。

 

 

 

消し条件1

1200m、上がり4位以下

5-2-1-13

勝率 23%

連対 33%

複勝 38%

単勝 70%

複勝 57%

 

消し条件1 

1200m、前走5番手以内、馬番10番以内

1-0-0-5

 

 

消し条件2

1枠

2-1-4-7

勝率 14%

連対 21%

複勝 50%

単勝 20%

複勝 77%

 

ちょっといつもと違う観点なんですけど・・・

16、17年 2-1-3-1

18、19年 0-0-1-6

 

ちょっとおかしくないですか?

 

 

消し条件3

1600m、前走上がり4位以下、1−4枠

2-0-3-10

勝率 13%

連対 13%

複勝 33%

単勝 22%

複勝 38%

 

消し条件4

1600m、継続騎乗、1−4枠

2-1-4-8

勝率 13%

連対 20%

複勝 46%

単勝 21%

複勝 72%

 

 

消し条件5

2番人気以下、1−3枠

2-3-5-15

勝率  8%

連対 20%

複勝 50%

 

 

 

 

正直いろいろ探してますけどあまり見つかりません。

今後更新していきます。

 

とりあえずのわかったことは内枠が苦手で上がりを出せない時は負けやすい。

 

これは全コース共通認識で良さそう。

 

外枠だからマイナスってのは競馬の常識だけどルメールに関しては内枠がマイナスで、外枠がプラスに働く騎手であることがわかった。

 

お「結構色々調べたんですけどね・・・」

と「そんな調べたとかどうでもいいんだよ。いかに有益な情報を出すかが重要なんだよ」

 

お「そうですね。でも一つわかったことがあるんですよ」

と「なに?」

 

お「ルメールは内枠が苦手」

と「それはもう知ってるよ」

 

お「改めてですよ。そして上がりを出せない時の脆さと。」

と「ルメールの特徴だな。いかに上がりを出せるポディションにいているか。

馬が上がりを出せる脚質なのか」

 

お「そうですね。そこだけ気にしていたら当たる気がしてきたんですよね」

と「今年はどっちの参戦が増えるんだろう」

 

お「今年は武豊とのコンビなので、東のルメール、西の武豊にエージェントがしてきているし、ノーザンファーム天栄が強くなったので、美浦がマイナスにならないし、中山に重点を置くんじゃないかな?」

と「これからルメールのギアが上がってくるから、いかに馬券に生かすか」

 

お「そうなんです。

 

とりあえずルメール

 

これは競馬界の格言になってるし、いかにルメールを消せるかで配当が爆上がりするから切れる条件を探しているんですけどね・・・」

 

と「去年、あんだけ勝ったら条件も難しくなるんやけど・・・」

お「東京開催に比べたらましなんでしょうね」

 

と「去年の東京とかやばかったからな・・・」

 

お「頑張って探しますので応援よろしくお願いします」


競馬ランキング