攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

ルーラーシップ 種付け料推移 これからどうなるの??

ルーラーシップ 種付け料 推移

 

  • 2019年  400万(受胎確認後)
  • 2018年  400万(受胎確認後)
  • 2017年  400万(受胎確認後)
  • 2016年  300万(受胎確認後)
  • 2015年  250万(受胎確認後)
  • 2014年  250万(受胎確認後)
  • 2013年  250万(受胎確認後)

 

 

    種付頭数 産駒数

  • 2013年 208頭   
  • 2014年 230頭   133頭
  • 2015年 241頭   140頭
  • 2016年 280頭   143頭
  • 2017年 240頭   185頭
  • 2018年 243頭
  • 2019年 満口

 

 種付け料  金額に表すと

  • 2014年 3億3250万円
  • 2015年 3億5000万円
  • 2016年 3億5750万円
  • 2017年 5億5500万円
  • 2018年 6億???
  • 2019年 6億????

 

250万円からじわりじわりと稼いでいき400万円まで到達しました。

キセキという代表産駒が出てきてくれたので金額は少しづつ上がるでしょう。

ただG1で2着ではだめだなんです。

 

1着じゃなきゃいけないんです!!

 

しかしすでに30億近く稼いでますね。

種牡馬ビジネスはすごい。

 

 

 

ルーラシップ産駒の主な重賞勝ち鞍

2017年種付料400万

 

 

菊花賞         キセキ

2018年種付け料 400万

 アメリカンジョッキー  ダンビュライト

 

クイーン        テトラデラクマ

2019年 種付け料 400万

 

京都記念        ダンビュライト

青葉賞         リオンリオン

新潟大賞典       メートルグラース

葵S           ディアンドル

鳴尾記念        メートルグラース

 

 

社台グループが種付け料を発表するのが11月です。

 

菊花賞で勝ったが上がっていません。

重賞を勝っていないその前の年に上がっています。

 

2歳戦の状況をみてだろうが社台の眼力はすごい。

 

キセキ

 

という代表産駒を出したように思うが勝ち鞍は菊花賞だけですから、勲章が足りない気がします。

 

2019年になり半年で5勝していることから何か変わってきているのだろう。

メートルグラースのように重賞2勝して、秋に挑んでくる馬もいますし、3歳勢も元気ですから成績は伸びるでしょう。

 

ルーラーシップの血統は

キングカメハメハ

   ×

トニービン

 

なのでサンデーサイレンスが入っていない。

それにより良質な馬が当てられることから有利には鳴るだろう。

 

ただ

ロードカナロアの頭角

新星ドゥラメンテ

 

との3頭に共通するのは父がキングカメハメハであること。

 

サンデーサイレンスは入っていないのはいいが、父キングカメハメハ種牡馬ランキングで上位を占めている。

 

  1. ディープインパクト  4000万
  2. ロードカナロア    1500万
  3. ハーツクライ      800万
  4. ドゥラメンテ      600万
  5. ハービンジャー     600万

   ルーラーシップ     400万

 

少し格が落ちている感はあるが、

ルーラーシップエアグルーヴの息子という違う形の良血馬。

 

そこを武器に頑張ってもらいたい。

 

では2019年デビューの期待の馬を紹介します。

 

ノーザンファーム代表 吉田 勝己氏 推奨

 

牡馬

牝馬

 

社台ファーム代表  吉田照哉氏 推奨

牡馬

  • アスクデピュティ17

 

牝馬

を推奨していました。

 

 

 

f:id:ogusankako:20190701174009p:plain

キセキ

 

こんな形の馬が強くなるんですね・