攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

複勝率100%?キセキに該当! 宝塚記念 2019

おはようございます☆

馬券は決まりましたか?

複勝率100%の案件がありました。

 

 

本命はアルアイン

 

過去のデータで算出した

ノーザンファーム生産馬かつ5歳馬かつ前走5着以内の馬。

阪神実績は素晴らしい。

3-0-1-0

毎日杯大阪杯を勝って、3着も去年の大阪杯

 

www.ogusansuirikeiba.com

 

 

阪神適性は抜群です。

2200m適性0-2-0-0。

f:id:ogusankako:20190618224913p:plain

大阪杯の位置どりですけど一緒の位置を取ってくると思います。

 

父がディープインパクト産駒の牡馬では歴代最強。

ディープインパクト産駒の中長距離複数G1勝利馬はサトノダイヤモンドアルアインの2頭だけ。

サトノダイヤモンドは3歳時に菊花賞有馬記念を連勝。

アルアイン皐月賞大阪杯

価値としては勢いに乗ってG1を連勝したサトノダイヤモンドよりもコンスタンスに成績を残して古馬になってからも勝ったあるあいんの方が高いと思う。

 

母方がアメリカ血統なのでディープインパクト産駒の割に500kg超える大きい馬になったのはそんな影響でしょう。

宝塚記念をなんども勝っている池江厩舎ならなんの問題もなさそうですし、単純な成績も過去10年で3-1-1-15。

ドリームジャーニー

オルフェーブル

ラブリーデイ

の別の馬で勝っているのも好感が持てる。

 

そして5番人気以内の馬は2−1−1−5。

プラス5歳馬になれば1−1−1ー2です。

適性がしっかりわかった状態での出走になれば確実に結果を出す厩舎と言える。

 

北村騎手が少し気になるんですが阪神2200mがあまりないレースなので実績がないんですが、0-0-1-4だったのでそこだけは不安材料だが今年G1を勝ったことで自信もつくだろうし大丈夫でしょう。

 

対抗のキセキ

 

1枠を確保して、逃げ馬なのでしっかりゲートを出たら馬券に絡んでくるでしょう。

3歳時は上がり最速をバンバン出す馬だったんですけど

4歳の秋で充実期を超えてから馬が変わった。

川田騎手が乗ってから先行策を取るようになって、安定的に成績を出せるようになった。

有馬記念は秋4戦目だったんで疲れがあったと思う。あのレースで5着に粘ったんは単純に強かった。

 

角居厩舎は道悪の重賞実績が異常なのは昨日の記事で買いたんですけど道が荒れるようなら泥んこ菊花賞を勝った馬だし道悪になれば蓮軸にしたい。

 

 阪神における川田騎手の成績もずば抜けていい。

むしろルメールよりもいいと思っている。

f:id:ogusankako:20190622141925p:plain

過去3年の阪神2200m

圧倒的な数字を叩き出している。

ちなみに1〜3番人気の場合はどうでしょうか??

5-0-2-0

複勝率100%

やばいでしょう。

 

正直、アルアインとキセキがどっちが本命でも対抗でもいいくらいの差しかない。

 

連軸はキセキ

頭はアルアインと思ったので本命アルアイン対抗キセキになってしまいました。

 

単穴はレイデオロ

この3頭は同時に馬券になる可能性が高い。

今までの好走実績を見ていると傾向が一緒なので同時に来ると思う。

 

ただ33秒台の圧倒的な末脚勝負になった場合には同時に三頭とも飛ぶと思っています。

ですが藤沢厩舎ということで道悪なら評価を落とす

 

www.ogusansuirikeiba.com

 

人気が1番人気だと思うんですけどなら2着以下の候補です。

阪神2200mはルメール騎手に取ってプラスではない。

母数があまりないので評価しにくいがルメールにしては成績がよくない。

2200mはレースが少ないし、消耗戦になることが多いので確実に末脚を出そうとする騎手(ルメール)よりも先行押し切り(川田)の方が成績がいいのは頷ける。

 

 

リスグラシュー

2200のエリザベス女王杯を勝っているし、レーン騎手もこの人気なら思い切った競馬ができるので強みもある。

ただ海外帰りなのでマイナス。

個人的に元POGなので頑張って欲しいがここじゃない。

 

マカヒキ

重馬場専用機。

状態抜群なのでここに付け加えたい。

良馬場発表なら消します。

 

応援 ショウナンバッハ

兄弟キタサンブラックで忘れ物を取り返す。

ツイッターで言ったんですけど100円だけ応援馬券を買います。

ツイートが過去最高になったのでお礼の意味を重ねて。

 

あと今週は宝塚記念しかブログを書いていないので過去のブログも見てください。

 

 

www.ogusansuirikeiba.com

www.ogusansuirikeiba.com

www.ogusansuirikeiba.com

 ではさいなら〜