攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

過去3年の振り返り!去年は例外です!! 宝塚記念2019

データを見ていてあれやこれや言っているみなさん!!!!

覚えていますか去年のメンツ。

 

一度振り返ってみた方がいいですよ。

2018年だけでも。

去年は例外です!

 

 

2018年

1番人気サトノダイヤモンド

金鯱賞3着、大阪杯7着)

2番人気キセキ

菊花賞1着、香港ヴァース9着、日経賞9着)

3番人気ヴィブロス

エリザベス女王杯5着、中山記念8着、ドバイターフ2着)

f:id:ogusankako:20190619215424p:plain

f:id:ogusankako:20190619200035p:plain

f:id:ogusankako:20190619200003p:plain

f:id:ogusankako:20190619200007p:plain

f:id:ogusankako:20190619200013p:plain

1着ミッキーロケット(7) 35.8

2着ワーザー             (10)35.3

3着ノーブルマーズ  (12)36.1

 

まずは最低のメンバーでしたね。

このレースは一切参考にしないほうがいいと思います。

まず近2走で重賞を勝っているのが

ストロングタイタン鳴尾記念

パフォーマプロミス日経新春杯

タツゴウゲキ新潟記念

だけです。

これがグランプリのレースと言えるのか??

 

そして人気はちょっと前の栄光とネームバリューで人気した馬たち。

キセキもいるが覚醒前ですしね。

 

まくるように上がったサトノダイヤモンドは失速。

内からミッキーロケット、ノーブルマースが距離ロスなく立ち回りゴール。

 

2017年

1番人気キタサンブラック

(JC1着、有馬記念2着、大阪杯1着、天皇賞春1着)

2番人気シャケトラ

日経新春杯2着、日経賞1着、天皇賞春9着)

3番人気サトノクラウン

(香港ヴァース1着、京都記念1着、大阪杯6着)

f:id:ogusankako:20190619215506p:plain

f:id:ogusankako:20190619215451p:plain

f:id:ogusankako:20190619215548p:plain

f:id:ogusankako:20190619215554p:plain




1着サトノクラウン  (3)35.4

2着ゴールドアクター   (5) 35.4

3着ミッキークイーン    (4)35.5

 

この時のキタサンブラック大阪杯天皇賞・春を連勝で完全にキタサンの時代が到来したと言えます。

みんなが勝つと思っていましたね。

 

キタサンブラックがまくるように上がってますね。

2018年のサトノダイヤモンドと同じ競馬をしています。

そして失速。

このまくりは通用しないんですね。

これだけの馬でもできないんですから。

終始キタサンブラックのマークをしていたサトノクラウンが差し切りました。

重巧者でしたし強いんですが、次走キタサンブラックは超道悪の天皇賞秋を勝ってることから天皇賞・春のレコードの疲れが抜けてなかったと見るべきでしょう。

 

1頭だけ内を行ったゴールドアクターが2着。

こちらもグランプリホースですから宝塚記念は向きます。

有馬記念宝塚記念は直結するからな。

 

 

 

2016年

1番人気ドゥラメンテ

(ダービー1着、中山記念1着、ドバイシーマ2着)

2番人気キタサンブラック

菊花賞1着、有馬記念3着、大阪杯2着、天皇賞春1着)

3番人気アンビシャス

f:id:ogusankako:20190619221101p:plain

f:id:ogusankako:20190619221108p:plain

f:id:ogusankako:20190619221112p:plain

f:id:ogusankako:20190619221117p:plain



1着マリアライト   (8)36.3

2着ドゥラメンテ   (1)36.1

3着キタサンブラック (2)36.8

 

 

ドゥラメンテがゴール後につまづき引退してしまった後味の悪いレースになってしまった。

リプレイもガクってなるシーンは見てません。

 

レースはキタサンブラックがうまく逃げていたんですが差されましたね。覚醒前なので粘りきれないのはしょうがない気もするが4角での突き放しはさすがと言える。

騎手がすごいのかキタサンブラックがすごいのか。

4角まくりはラブリーデイがやってますね。

4着なので好走していますがやはりダメですね。

 

ドゥラメンテは4角で置いていかれたのが全てかな?

直線かなり追い込んできているけど走りにくそうなフォームですね。ダービーのダイナミックな走りはどこにもない。

 

マリアライトは長い脚を使えるのでこーゆーレースは得意ですね。

 

 

3年間の総括です。

 

共通点がありましたね。

4角で内に位置している馬が馬券になっている。

2018年

1枠ノーブルマー

2枠ミッキーロケット

 

2017年

 

2枠ゴールドアクター

 

2016年

2枠キタサンブラック

 

枠順成績ではわからなかったんですが、やはり内有利です。

 

1.2枠に入り逃げ、先行に位置している馬

必然的に注意が必要です。

 

まだ枠順発表前なのでわからないですが、

キセキ、アルアインあたりがうちに入れば鉄板級でしょう。

 

エタリオウが内枠になったら逃げると思っています。

横山典騎手ならしてきても不思議じゃない。

 

てか勝つためにはそれぐらいしてくるんじゃないかな??

 

ダービーで息子がリオンリオンを玉砕逃げをしたが、横山典ならあんな風にはならなかったはず。

 

そりゃ天才横山典と比べたら武史はかわいそうなんですが、現時点で父の方が腕があるのは間違いない。

 

いきなりの脚質転換を平気でしてくる騎手なので注目ですね。

 

 

宝塚記念特集をやっているので後の記事もみてね☆

 

 

www.ogusansuirikeiba.com

www.ogusansuirikeiba.com

 

ではさいならー。