攻略競馬。データでおぐさんが競馬を紐解く

データで競馬を攻略できる。データは過去の教科書

ヴェロックス分析

昨日は1番人気サートゥルナーリアの分析をしました。

 

ですが気になるのは後2頭が存在しますよね。

 

まずは皐月賞のことは昨日の記事をみてください。

 

ogusankako.hatenablog.com

 

ヴェロックス

からみていこうと思います。

 

若葉賞

f:id:ogusankako:20190523214011p:plain

 

若駒S

f:id:ogusankako:20190523214019p:plain

この馬って好位差し専用の気がする。

皐月賞

f:id:ogusankako:20190523214737p:plain


競馬においてもっとも安定して力を出せるタイプ。

そして川田騎手のもっとも得意とする馬のタイプでもある。

ですが東京だけは適性が変わってくる。

長い直線はこの馬にとってマイナスになると考えている。

 

唯一馬券外に飛んだ

東京スポーツ杯2歳S

f:id:ogusankako:20190523214025p:plain

直線、不利があったのは確かだがあまり伸び脚が良くない。

f:id:ogusankako:20190523214035p:plain

おそらくこの馬の上がりの出せるのは34秒台が限界。

ですから東京ではあまり伸びを感じないで届かなくなるのではないか?

 

そんなことは騎手はわかってると思うので前目の競馬をしてくると思うが展開的にどうなのかは2日前に分析したのでそっちをみてください。

 

ogusankako.hatenablog.com

 ではデータ分析をしてみます。

過去10年の若葉賞勝ち馬のダービー成績は

0−0−0−3と壊滅的です。

ちなみにペルーサ2番人気6着。

ワールドエース1番人気4着となっています。

やはり求められる適性が変わってくるのでしょう。

 

では皐月賞2着馬のダービー成績はどうでしょう。

1−1−0−8です。

1番人気1頭。

2番人気3頭。

3番人気3頭。

いた中でのこの着順は明らかに悪い。

馬券になったのはマカヒキエピファネイア

マカヒキはダービー出走まで全て上がり最速とキレキレの馬だった(当時は)

エピファネイア新馬、京都2歳と上がり最速の33秒台。

弥生賞皐月賞はあんまりだったがダービーでは上がり33.9をマークして2着になった。

 

色々みていくとこの馬が一番やばくないか??

飛びそう満載なんですけどね。

ジャスタウェイ産駒の東京は向くのか??

東京2000m以上での成績は1−1−0−7です。

 

ダノンキングリーまでたどり着けない。

明日します。